ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はバイクに釣り ゴルフなど楽しんでいます。

連休中の晴れの日友人とエギング第一ポイントはファミリーフィッシングと船の停泊で投げることも叶わず墨はあったんですけどねで移動第二ポイントは水が澄み渡っている港1時間ほど投げるも釣れず風なし、気温も上着が要らないほどの温度替える理由が見つからない(笑)第3ポイ ...

春イカを釣りに行って見えイカや寄ってくるイカは居るものの釣るにはかなり難しいものすごく警戒しているようです。ま、そりゃそうでしょう。エギを10mおき生きアジを食べると釣りあげられる様を見て警戒しない方がおかしい。大物小物含め春はなかなか釣りにくい。ポイント ...

仮眠に必要な装備あるとないとでは雲泥の違いあるといいものまくら(クッション)濡らしてもいいタオルやアイマスクサンシェードぬらしてもいいタオルは、目に当てるとひんやりして疲れが取れます。あとは、寝るための快適なまくら、日光や街灯対策のサンシェードさらに快適 ...

長距離移動の敵「睡魔」日暮れから深夜は睡魔タイムに突入します。そんな時の強い味方「サービスエリア」トイレあり〼食事できます。休憩できます。で超便利です。ただ、ほかの方もいるのでちょっと長めの休憩とるときは離れた所の車を置くのがマナー 車で仮眠中、周りに人 ...

夜7時から6時間その後仮眠3時間全身筋肉痛になるまで遊び18時から帰宅帰ってきたのが翌朝7時でそのまま仕事帰りの睡魔は半端ない。いろんな情報が適当に入ってくるので幻覚と見まがうような光景でした。やはり移動は明るいうちに伸ばせるだけ伸ばしたほうが無理が効き ...

今週3日3ポイント以上回ってみましたが釣果なし何がいけないのか時合にあたらないのかいない所で投げているのか?天気が思わしくないのか?エギング向けのポイントではないのか?と様々考えます。一番悪いのは、1時間くらいで飽きる事でしょうか釣れるまで粘りどうにか揚 ...

防波堤際のテトラポットや石積でエギロスト頻発原因はヘッドライトがないから岸に夜まで底を取り続けているとやはり防波堤周辺の石積や風に流れてテトラ付近にエギが行っているのに気付かずエギが挟まってロストうーん、と悩んでみると竿の感触では感じるものの、街灯が背に ...

アホな旅行が続きます。奈良の名阪スポーツランドのレースに参加します。flexさん主催 39CUP クラスは、インポート125ミニバイク90分耐久誘われると断らないので弾丸ツアーなんですよね。アドバイザー的な酒井大作選手 が喋ってピットをウロウロするミニバイクレー ...

車検は、オイルを交換していなくても規定量は言ってれば取得できます。エンジンがぼろくても動けば取得できます。車検は、長く乗る為のメンテではなく次回車検まで人身事故になるような整備不良がないかの確認がメインなんです。乱暴に言うとライト・ウインカー・速度・ブレ ...

18万5千キロ走った我が200系ハイエース(ガソリン)燃費も変わらず頑張ってもらってます。去年から感じていたブレーキの違和感専門用語でジャダーが正解なのかな?ブレーキを踏むと、「コツコツコツッ」と足に感じる挙動なんですが昨年はブレーキパット今年は、ブレー ...

バイクのタイヤはいいものを入れたい。安全に走るのに大事なタイヤハイグリップであればあるほど 良いイメージで買い替えの時は履きたい。と思うのが当たり前誰もこけたくなし、安心して走りたい。でもですねグリップがいい=やはり消耗が激しいの図式はタイヤが進化しても変 ...

中古車でイニシャルコストがいいもの不人気車大人気車の5~7年落ち高級車の型落ちフルモデルチェンジでかすんでしまった不遇な車と選択肢は様々ですが、どれがお買い得か?は人それぞれ私が買うときに考えることはこんなこと・不人気車不人気車でもいい車はたくさんある。一 ...

レースやジムカーナを少しだけかじったことのある私ですがあまり乗るのはうまくないです。鈍くさいんですよね。とはいうものの20年近くのってりゃちょっとは人よりうまい所もあるんです。Uターンとかどのバイクでも発進だけはうまいとか色々考えては見たんですが、バイクっ ...

Dトラッカー(SB250)の整備が貯まっている。・オイル交換・チェーン交換・ブレーキモミだしちゃっちゃとやると、大体2時間くらい。整備しようと思い腰を上げるのがいつになるやらそんな時が多いんです。週末に釣りとか入れるからこうなるんです。さらに自宅からガレージまで ...

ツーリングの乗りはじめちょっと違和感があったので見てみました。・加速しないホイールベアリングブレーキパットやピストンの動きチェーンの張り具合や劣化と様々な理由でフリクションが多いんじゃないかなと思う。それでなければ、エンジンなんで大整備です。チェーンを見 ...

↑このページのトップヘ