ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はバイクに釣り ゴルフなど楽しんでいます。

ちょっと欲しいMT-9安いしかっこいいし軽い気になるのはレーサーレプリカ的なシート若いころRGV-Γ乗ってたんで今は普通のシートがいいXJRやZRXも魅力的と考えると絶版のネイキッドを先に乗るのが私の考え最新型のバイクは後でも乗れる。体力も年齢も若いうちに乗りたいバイ ...

高くない給料の私色々合わせて余剰金はMAX4万円ほど(今月は0 先月は2万円ほど)飲み会やエギロストなどすれば減っていくお金ですがまぁ、毎月の余裕のお金があるというのは助かるんです。お給料(収入)から先取り貯金や家賃光熱費などを引く(固定費)毎日の生活費×31 ...

ツーリングでもゆったり走れば250キロがいい所Dトラッカーの快適な移動は下道がメインツーリングスポット満載の高知県西部と考えるとガソリン10リットル(138円/リットル)自分の飲食 1000円休憩の缶コーヒー 1000円5000円あればお土産付きで快適なツーリ ...

自家製ギャフ多くは釣竿に普通に糸を付けて先にギャフ通称「モンガリ」釣り初心者の私は訳が分かりませんでした。ヤエンしている人に「すまん モンガリ取ってくれ」私「?????????」ギャフのことだったのねタモギャフモンガリ田舎だけの言葉かもしれませんが、高知 ...

いろんな店舗で値段が違うのでわかりにくいですが2輪4輪問わずタイヤが値上がりしています。レーサーや競技者でない限り頻繁には替えないでしょうけど消耗品なだけにちょっと痛い。経済的な事でいうと、肌感覚では給料の上昇率よりモノの値段が高くなっている印象。人件費よ ...

帰りに買い物さえあまりしなければプリウスやエコカーより250cc未満のバイクが経済的出来れば125cc以下が望ましいのですが・・・メリット税金保険が安い車検がない燃費は30キロくらいプリウスの燃費が25キロ/リットルと考えると250ccのバイクまでなら燃費でも ...

土日に何かとイベントのある中間管理職まぁバイクに乗る用事を作らないとほぼ乗れない。昨年走った距離が2000キロ月割り166キロ年の半分は寒かったり暑すぎたりで乗らない日が多いので約300キロ/月通勤や日々仕事終わりで何かしら乗る用事作らないと乗ることはほぼ ...

タイヤの端を使ってみたい。深いバンク角ある程度の速度あとはガッツでフルバンクは出来るようになります。ただ、使うシチュエーションは限られますが(街中で法定速度では端まで使わない)只々広い 交通や近隣に邪魔にならない所でひたすら8の字をするだけ8の字の大きさ ...

バイクの下取り価格15万円売価 45万円(乗り出し)大体 半値八掛けといった感じそらオークションが流行るかもねと思う。内容は引き取り手間廃車手間車体チェックからの修理250ccを超えるものは車検諸費用+利益引き取りを10000円登録抹消 15000円整備 ...

個人事業主は、ETCのカード明細が来るので問題ないんですが仕事で個人のETCを使ったり割り勘のために領収書が必要だったりするときの技ETCを使って普通に高速に乗る。支払いの時までにカードを抜く一般レーンでカードを出して清算(領収書発行してくれる)という流れこのメリ ...

タイヤをまんべんなく使う。ということは実質不可能なバイクなぜか前後タイヤサイズが違う。バイクはバンクさせて走る。というのが前提でタイヤのローテーションが出来ない。さらにサーキットやジムカーナはコーナーメイン街乗りは直線が圧倒的に多いということが加わります ...

週末ドライバーやライダー都会で電車通勤の方は、土日でサンデードライバーの方が多いと思います。連休でロングツーリングになると必ずと言ってもいいほど利用する高速道路ETCを使うと、3割引きになるのは周知の事ETC休日割引(どらプラ)仮に、20000円ほどでETCをセッ ...

街中下道に限ったことですが大型バイクは全開に出来るような場所はない1速で100キロ出るバイクを全開に出来るシチュエーションは少ない仮にしたところでまともな走行とは思えない。じゃぁ、なぜ大型バイクなのか・・・低い回転で高速道路巡航できる快適さどっしりとした ...

観光地でもある高知県西部四万十川や太平洋に面した道路などツーリングに適したロケーションの高知県西部ツーリングの方々が毎週来ています。いい季節ですからね。昼間は程よく温かく 朝晩はちょっとだけ肌寒い抜群の気温ツーリングが増えるとともに、ドライブも当然増える ...

ポイントまで最短20分の我が家近いから余計に何かあるといかないいけない。4、5月は繁忙期なんですよね。釣りより年に2回のツーリングや会議などなど家族サービスも相まってなかなか行けない状況仕事ガリガリやって時間作らないと・・・ ...

↑このページのトップヘ