ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はツーリング つり 夜は、まぁ色々・・・。

車ではいけない所や割合狭いところでも行けるバイク最近は、当たり前のところしか言っていないのでバイク本来の機動力が失われつつあります。原付は、長距離が不得意な分自転車並みの機動力と燃費モトクロス系は、歩けるところは俺も走れる的な走破力ロード系バイクは、車よ ...

鈴鹿8時間耐久でのデモンストレーションH2Rの激走藤原克昭さん  と 鶴田 竜二さん でデモランしてました。スーパーチャージャーの1000ccは訳の分からんエンジン音です。キュイーン バホーみたいな聞いたことのない音で駆け抜けていきます。ヤマハのR1やカワサキ ...

四万十川でカヌーをするなら四万十 川の駅 カヌー館がおすすめカヌー体験が気軽にできて体験型観光にはサイコーです。更におススメは、地元の人がお昼ご飯を食べに来るほどうまいカヌー館の奥にある食堂今日の日替わりは冷やし中華 500円 ご飯付きたれをかける前にお ...

日本一暑い場所 四万十市西土佐に行ってきました。四万十川添いながら灼熱 若干盆地なので数年前41度出たらしい。そんな西土佐の道の駅 よって西土佐で小休止そこでなんだか可愛げでうまそうなサイダーを頂く菓子工房 Kazuのうめサイダー 250円梅だからすっぱそう ...

7月29日より鈴鹿8時間耐久レースに行ってきます。実は初めての8耐それも出る側のヘルパーです。チームはKTM FLEX マシン KTM  1190 RC8です。行って何するかは、行ってみないとわからない。少なくともライダーではない(笑)そしてメカでもない。おそらく、レー ...

フルバンクって憧れますが街中では使う場面はほとんど皆無 ワインディングでもフルバンク使用とするとなかなかのスピードで曲がらないといけません。 が、 バイクのフルバンクは知ってるに越したことないんです。 思ったより回り込んでいるコーナーとか オーバースピード ...

上流の山間部に行くと湧き水が沸いています。 雑菌を気にする人が多いですが 無農薬野菜と一緒の考えでいうと 湧き水はプレミアム(笑)   さらに山間部ではあふれるように出ているので無料   高知県の山間部では   な感じでパイプから水が出ています。 これ、湧き水です。 ...

久しぶりにRX-7を見た。かっこいい 美しいマツダの名作 RX-7(FD3S)燃費悪い(ロータリーだから街中では・・・)二人しか乗れないでも超速いそんな車今見てもかっこいいです。  ...

ホンダが排ガス規制に伴い2016年で廃盤に・・・国内レースで、ST600ていうカデコリーがあって市販車ベースのほぼストックという触れでレースしてるんですがどうなるんでしょう。今のHONDAは、市販車からレース用にせずHRCからレースベースのCBR600RRを出してるんでい ...

夏です。バイクに乗ってると直接夏を感じます。照りつける日差しアスファルトの熱気風の何とも言えないまとわりつく感じ車では味わえない季節感雨上がりの熱気は不快指数100%越え(笑)とはいえ車では味わえない気持ちのいいこともあります。郊外でのトンネルの中は、暑さ ...

車載工具を悩んでました。考えると工具箱を車載しないといけないのでパッと思いつくものを選んでみました。ラチェットハンドル+8mm+10mm+12mmプラスドライバー14mmオープンレンチプライヤーモンキー以上ラチェットハンドル+8+10+12Dトラッカーのカウルは、 ...

オイル交換の時出てくる廃油昔からある廃油処理材で処理していました。オイルパックんとか有名ですよね。ある程度貯まったら燃えるごみで捨てられる。DIY整備には画期的な商品でした。が、ごみ削減でごみ袋が有料化しているのに無下に捨てていいものだろうか色々調べてみまし ...

Dトラッカー買った理由は安いかっこいい車検がない更に突っ込んだ理由はウイリーがしたい失敗して倒してもあまり落ち込まないだろうです。 ウイリー理屈では回転数上げ目でポンッとクラッチをつないでフロントアップもう少しなれたらフロントフォークが伸びるのを利用してア ...

偶数月に発売している雑誌モトメンテナンス今月の内容がかなり充実してました。初心者で悩む工具の選定からオイル交換の仕方ブレーキやチェーンのメンテナンスの記事が充実してます。この記事のすごいところはメーカーにあまり媚びないメンテナンス雑誌なので、扱ってるバイ ...

高校生の通学用スクーター 通勤用の原付 125ccのスポーツバイク   これに限っては、家族で車所有している人なら格安には入れる任意保険ファミリーバイク特約(保険料は+数千円~3万円くらい) があります。   車の任意保険に付帯してつける保険 例えば お父さんが車 ...

↑このページのトップヘ