ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はバイクに釣り ゴルフなど楽しんでいます。

よくマウント取る人が言うには「お前大型バイク乗りこなすほどスキルないだろ?」なんて言います。ある程度のスキル入ると思いますが教習所で免許が取れた段階でスキルはある。あとは、またがった時乗れると思うバイクか?ということと街中の流れに乗れる?というスキルくら ...

任意保険の高さは年齢の低いほど高く事故の数が多いほど高いその仕組みは任意保険の年齢による価格の定義は年齢条件にあります。20歳未満(俗にいう全年齢)21歳~26歳~30歳~35歳~新規任意保険加入6等級最大20等級となります。無事故なら等級が1つ上がりお ...

このブログはバイクを中心とした雑記ブログです。今年の夏から精神的に追い込まれていてネガティブな記事も散見されます。バイクもメンテナンスツーリングなど雑記的に書いています。今は、メンタルがやられていてそれも記事になってます。何もできない恐ろしさもあるのです ...

シートバックパクられてもう半年以上か・・・メンタルやられているときにこの仕打ちはひこずりましたがもう落ち着きました。学生の時CD借りて返していない。借りた本を返すのを忘れていた。当事者被害者の対策は当事者・借りたら返す習慣を付けないといけない。借りたものは ...

安くポイントが付き自宅名で発送してくれる楽天やamazonなど凄く便利だけども、困ったことにセットアップや据付は自分でやらないといけない。大型商品やセットアップが煩雑なものについてはオプションサービスがあるようです。最近、実店舗の家電屋さんに行ったのですがサー ...

私は、体に異変が出てから心療内科に行きましたが本来なら、予兆が出た段階で行くべきと思っています。予兆は仕事が忙しい役職が複数でよることが増えてしまったり予期しない出来事が一度に起こると予兆が出てくると思ってます。自分で判る予兆は・不眠・不安・自己否定・片 ...

土日休日な仕事ならば比較的調整は出来ると思いますが土日、家庭の用事や土曜仕事などの業種は調整が難しい。カスタマーファーストですからお客様が土曜指定したら土曜日仕事なんです。そのために大きく工程はずらされる。そんな事が多いので私は、ツーリングの約束をしない ...

男子なら体力があり引き起こしもほぼできると思います。女子は、コツを教えてもらうのが大事なんですがそれは置いておいて原付免許を持っていないまま車の免許を取りバイクに乗ったことが無い人が免許を簡単に取ることは以下の事をしていれば簡単まず、学科免除なんで実技の ...

オイル交換すら延び延びになってる。2月には任意保険の更新春乗るまでにはフロントタイヤの交換5月に税金お金は少額ですがかかるものは掛かる。で40代になると時間の管理も必要でね。数日かかる整備は外注に出そうと思ってます。外注整備はドカティ特有の・バルブクリアラ ...

僕がS2Rを選んだ理由ツーリングでロングランが可能他の人と行くツーリングでDトラッカーの航続距離が短いのがネックでした。下道はOK高速も法定速度では走れる。のですが100kmでガソリン給油しないと安心できないため年に2回ある二日で700kmのツーリングでは休憩 ...

バイクって車と違って必要ないと思われがち買っても損はないその理由は・バイクが好きである。バイクが好き好きなものを所有する。当たり前の欲求を満たす感情です。バイクがあるから頑張れる。好きな人がいるから頑張れる。家のローンがあるから頑張れる。一緒です。好きな ...

バブルの時は凄い人気だったバイク社会人のたしなみと言われたゴルフバイク乗りの平均年齢が52歳若い子が乗ってくれているのでまだこの辺で止まっているだけで数字だけ見ればバブル期の若者がリターンしてきただけなんです。ゴルフも衰退しているようで、3年前に端また時に ...

人材不足なのは以前からなのですがバイクに乗る暇もないくらい忙しい。それは何ともならない時間との戦い。誰にも任せれない事案ばかり抱えているからバイクって乗りたい時乗らないとストレスで危険な運転しそうでこんなメンタルの時は乗れないんです。怖いし制限が効かなく ...

スーツ3着私服は、大体3セットで着まわしています。大体同じ色で夏はポロシャツ冬は長袖Tシャツ+パーカーやシャツ+上着それで着回しをしています。おしゃれに色々着こなすのも憧れましたが今考えるとそないにおしゃれしなくてもいい。いい中年なんでね。資産を貯めて必要 ...

レース用って速いんでしょと思う人もいると思います。サーキットで聞くと官能的な音そしてものすごい速さで駆け抜ける圧倒的な速さ憧れますよね。レース用のマフラーも手に入る世の中でも街乗りはJMCA認定品をお勧めします。理由:車検に通る。音もいい。ご近所迷惑にならな ...

↑このページのトップヘ