ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はバイクに釣り ゴルフなど楽しんでいます。

楽天市場ではあまり使いませんが日々の生活で楽天デビット使ってます。なんで楽天カードにしないのか?上限100万円なんて怖くて使えないよ。っていう理由デビット機能で今のところ十分貧乏人がクレジットカード数枚持つなんて自殺行為と思ってる(笑)今回は出張で使うので ...

高知県だからこそ、コロナウイルス対策・飲み会に行かない・返杯しない・マスク・のどを常に潤す・目薬・手洗いウイルスはインフルエンザと風邪とコロナウイルスマスクで100%カバーできないが一番効果的なのでマスクは必須コンビニでも売ってないですもんね。毎日使って1 ...

公務員の教員は3ない運動してたのでバイクに乗りにくいでしょう。私の感覚では、「生徒を規制しているバイクで喜んで通勤するべきではない」学生の時GT-Rが欲しいと言ってた、生活指導の先生がいたんですが説得力ないですよね。通勤を軽にして趣味で休日休みにのれよって思 ...

パッと思いつくのは郵便局員銀行の外交新聞配達そんな感じそれ以外は車通勤可の職場自転車置き場完備の会社そんなところぶっちゃけ、配達業以外はバイクに乗る仕事ってない。あとは、バイク系の会社が現実的バイクのレースで飯食える人ってたぶん全日本選手権出ているトップ ...

むちゃくちゃ体力落ちてます。メンタル壊れて寝る日が長い。薬を飲んでいることもあるけど歩かない動かないではどんどん落ちていくではどうすればいいか歩くバイクに乗るがリハビリになると思う。学校で体育があるように動く時間って必要頭だけ使うとメンタル壊れていく私の ...

プラスチックとアルミの違いは有れどレッツノートとhp envyだと重さが違う圧倒的に薄いのは、hpですけどね。軽いのはレッツノート買ってみて思うこと新しい方が快適なのは確かだからっていいことばかりではない。文字入力がタッチペンの安物ではダメだったこと良い物を買 ...

バイクを趣味にしている人はストレスたまる前にバイクになることがおすすめうつになった人って、動けなくなるし病院に行きカウンセリングを受け薬を処方してもらい。うつを軽減するには、気力が戻るまで休みそして朝日を浴びたりして元気の素を補給してあとは適度な運動を散 ...

バイクに乗りたいと思ったのは15歳バイクブームバリ伝(バリバリ伝説)あいつとララバイ(実はラブコメ)を読んで憧れたから今は少し違うようです。周りの人は・お兄ちゃんが乗っていた(中山愛理選手)・お父さんがレースをしていたりバイクに乗っていた。・レースを見に ...

雨の日って、道路のマーキング横断歩道マンホール転倒リスクって高いんですよね。こけない方法っていうのがあります。それは晴れの日の6割で走る。これに尽きる。日頃練習やバイクをうまく乗ろうと努力している人はタイヤの感触感じながら、うまく乗るんですがそこまで気に ...

初任給月収20万円貯金5万円家賃光熱費バイク維持費 10万円食費 5万円それならなんとか出来るでしょう。月収20万円って結構働いている人のな中央値だと思うんですよね。お給料が25万円になっても生活を変えなければ貯金は10万円そんな考え方が出来たらバイクと ...

収入が上がらないので貯蓄は増えない。今の世の中でよく言われる事毎月10万円貯金でも1年で120万円20年で2400万円収入って上がっていかないと本当に大変です。結婚子育て趣味老後考えただけでも、月20万円で生活してマイホームなんて夢のまた夢結婚して共働きで ...

名車と言われるバイクも数多くあります。僕らが見もしなかった、ホーネットやアクロス昔はあまりいい評価ではなかった。名車と言われるNSR250も2サイクルなので最高速こそ出ますが乗りやすさでは今のCBR250RRのほうが乗りやすい。軽さと馬力は2サイクルが上ですが、乗 ...

バイクでセパハン腰が痛いですよね。常に猫背薄いシートそら痛いでしょう。ただ、ゲルザブはいい商品ですがポジションも大事ステップに足を乗せ立って自然に座るのがシートポジションそこから「スッ」と手を伸ばすところにハンドルがあるのが理想。教習所ポジションですね。 ...

バイクの乗る基本8の字教習所でやったあれです。必要なのは、広い場所目印2個郊外の人のいない公園の駐車場とか知り合いに広いアスファルトを持ってる会社の駐車場とか最高です。8の字は特にブレーキするほど速く走らなくてもいい。自分が怖くない速度怖くないくらいの大回 ...

バイクは危ない乗り物多分ですけど転倒した時体が傷だらけになるからとか放り出されて後続車に踏まれる。と思ってるからでしょう。さらに、暴走族ヨロシクすごいスピード出したり暴走運転したりのイメージ先行だと思います。そんなイメージにあこがれている人も少数いるんで ...

↑このページのトップヘ