ハタカラ

高知県の西側で休日昼間はバイクに釣り ゴルフなど楽しんでいます。

今や400ccのバイクのリリースが少ないうえ600cc位のバイクがミドルクラスになったので250ccのバイクの魅力って?250は中型免許で一番最初に買うであろう排気量何が魅力かって高速道路に乗れる。法定速度が標識通りそこそこハイペースのツーリングもこなせ ...

先日の記事からは一変しているような記事ですが大型バイクの魅力ってのを少し大型バイクの魅力・一番は大きいこと男の子は、大きい物 強い物 速い物にあこがれを持つのは本能みたいな感じだと思います。戦隊モノもウルトラマンシリーズもそうだもんね。排気量がでっかい= ...

最近排気量ハラスメントというか排気量マウントというか排気量による立場の違いみたいなのをよく聞きます。教習所で誰でも取得しやすくなったので増えてきたんでしょうね。以前は、教習所で取れなかったので大型バイクにあこがれる中型免許乗りが多かったのですが最近は「大 ...

エンジン開けたりはしないけれどタイヤ交換とチェーン清掃と調整を2日かけてしまう事ってある。気が付いたらタイヤ交換から取り付けまで1週間たっているってことがある。これって癖なんですよね。きちんとやればタイヤ交換1時間一緒にスプロケ清掃やチェーン清掃タイヤつけ ...

今年もやってきたかと鈴鹿の8耐灼熱で8時間バイクに乗る凄いわがままなライダーたちが凄いメカニックたちとメーカー総出で世界中からチームごとに集まり凄いマシンに乗り凄い速度で凄い時間走る。という変態レースww書くと変な表現になりますが凄い予算を掛けたバイクを ...

するなと言われてもスピードに気を付けていてもオーバーしがちなのがスピードバイクは軽くて馬力があるのでそれが顕著原付なんて30kmですから幹線道路はすでに30キロは無理ゲースピード違反をしないためにはどうしたらいいのか・先頭を走らない。これが一番 ペースを ...

今あるバイクを自分色に染める。それがカスタムの王道良い響きです。売る気もなく廃車にするつもりもなく大事に乗るつもり気満々です。とはいえ500円玉貯金で20万円貯めるのは大変なことえぇ、わかりますとも小銭貯金よりハードルの高い貯金をしているのですから大変で ...

ドカティ モンスターS2Rをオークションで買ったのでいえた口ではないのですが・バイク屋さんを知ることは大事と言う事バイクって重整備になると大変な労力がいるんです。僕も軽整備(オイル交換やブレーキ周り)程度なら出来ますがタイヤ交換でありエンジンのメンテナンスで ...

ヤングマシンの記事で250cc4サイクルマルチ(4サイクル4気筒250cc)が出るという噂 なのですがかなり現実味があるような気がします。まず、川崎重工と言う会社ヤマハもそうですが、結構さきがけのバイクをリリースするんですよね。レースのレギュレーションとか ...

自分で整備をするという自分のルールで買った。ドカティ モンスターS2Rとはいえ、自分で整備が出来ても車検は別陸運局に行けば一瞬じゃないか さらに安いしと言う人もいるでしょう。僕もそう思います。が、最寄りの陸運局まで120キロ離れていて車検は平日のみ高知県西部 ...

家庭があって、趣味でバイクを乗っている。十分贅沢です。バイク好きは乗り物好きの方程式に乗れば車もいいものを乗りたい。と思うのが常がしかし家庭とバイクの趣味って両立しにくい。家族でどこかに出かけるわけで無しなかなかお金もかかるし(税金とか維持費)わかってお ...

私はツーリングでのガソリン宿泊ETCフェリーなどはクレジットカード払い。楽だからね。楽しいツーリングの翌月はガツンと口座からお金が引き落とされるんです。その時思うんです。カード払いは怖いものだとクレジットカードはedyで無い限り借金なんでつまり1回払いでも、翌月 ...

小銭貯金始めてもう4年くらい貯金額は総額20万円を超えたようです。年5万円月換算4000円くらいまぁ、まったくしない日もあるのでこんなものかなとストレスフリーの貯金なので大きな金額がたまらないのは当然ましてや少ない収入の中でやっているので爆発的にも増えな ...

バイクって趣味のものだから乗らなくてもいい人がほとんど郵便配達銀行の外交通勤通学それくらい。大半の大人は車に乗り通勤は、公共交通機関か車乗るのって趣味なんですよね。乗る為に私がしていること事故をしない。きちんとした生活をする。人に迷惑をかけない。といった ...

私は現在 ドカティS2R(800)を所有しています。なぜドカティS2Rになったのかを書いていきたい。5月予算決めその段階で自由の利く貯金は約100万円ありました。(もしものためや結婚式のご祝儀とかのお金)100万円貯まった時は半分は自分のために使おうと思って ...

↑このページのトップヘ